TOP 装置一覧 各種マニュアル 設置場所・アクセス
低分子化合物分析装置  光学・蛍光顕微鏡  吸光・蛍光・発光系検出器  培養装置  核酸・タンパク質分析装置 
サンプル調製装置  フェノタイピング装置  RI管理区域内装置  機器分析実験施設内装置  理学部棟内装置 
〇低分子化合物分析装置

LC-MS

型番:Waters LC-MS e2695/2414/2998/AquityQDa/N2 supplier model05Q
設置場所:システム生物学・RI分析施設 209
管理者:高坂 智之(農)


使用用途・注意事項
・ESIでイオン化する化合物の分析
・RI,PDA(190~800nm),QDa(30~1250m/z)検出器
・使用の際は廃液容器(3Lガロン瓶)を持参ください
・各検出器の特徴などマニュアルを掲載しています。


LC-MS/MS

型番:Sciex LC-MS/MS 3200QTRAP
設置場所:農学部・共同獣医学部本館 339
管理者:松井 健二(農)


使用用途・注意事項
・ESIもしくはAPCIでイオン化する化合物の分離・分析




GC-MS

型番:Shimadzu QP2010Plus
設置場所:農学部・共同獣医学部本館 339
管理者:松井 健二(農)


使用用途・注意事項
・揮発性化合物の分離・分析
※本装置は揮発性化合物の利用に限定しています。ご容赦ください。





GC-MS/MS(熱脱着装置付き)

型番:Shimadzu TQ8040 NX (+ TD-30R)
設置場所:システム生物学・RI分析施設 209
管理者:真野純一(RI)


使用用途・注意事項
・気体・揮発性有機化合物の分離分析
・オートサンプラ―付き(150サンプル)
・揮発性有機化合物を吸着させたサンプル管から試料を加熱脱着し、自動注入可能(120サンプル)
・利用可能カラム:DB-WAX,DB-5MS
・装置の概要や使用上の注意事項についてマニュアルを掲載しましたのでご利用前に一度ご覧ください。


ガスクロマトグラフ#1

Shimadzu GC-FID #1 GC-2014AF
農学部・共同獣医学部本館 339
管理者:肥塚 崇男(農)


使用用途・注意事項
・揮発性化合物の分離・分析
・炭化水素の定量





ガスクロマトグラフ#2

型番:Shimadzu GC-FID #2 GC-2014AF
設置場所:農学部・共同獣医学部本館 339
管理者:松井 健二(農)


使用用途・注意事項
・揮発性化合物の分離・分析
・炭化水素の定量





分析用HPLC #1

型番:Hitachi HPLC #1 L2200/L-6300/L-4000/L-5020
設置場所:システム生物学・RI分析施設 206
管理者:真野 純一(RI)


使用用途・注意事項
・吸収を持つ化合物の分離・分析(単一波長)
 現在は細胞から抽出したDNP化アルデヒドの分析ができるようになっています。
 他のアプリケーションではカラム等ご自分でご用意下さい。
・フラクションコレクターによる自動分取が可能




分析用HPLC #2

型番:Waters HPLC #2 2690
設置場所:システム生物学・RI分析施設 206
管理者:真野 純一(RI)


使用用途・注意事項
・吸収を持つ化合物の分離・分析
 現在はDNP化アルデヒドの分析ができるようになっています
 他のアプリケーションではカラム等ご自分でご用意下さい




自動注入分取HPLC

型番:Shimadzu SPD10A
設置場所:システム生物学・RI分析施設 206
管理者:真野 純一(RI)


使用用途・注意事項
・HPLC分析(UV-VIS検出器(可変単一波長))
・リキットハンドラー(オートサンプラー+フラクションコレクタ)による自動分取精製


分析用HPLC #4

型番:Shimadzu SPD-M20A
設置場所:農学部・共同獣医学部本館 339
管理者:松井 健二(農)


使用用途・注意事項
・LC-MS/MSの調整サンプル確認用として導入されています。



分取クロマトグラフィー

型番:Yamazen SmartFlash
設置場所:システム生物学・RI分析施設 206
管理者:真野 純一(RI)


使用用途・注意事項
・中圧・高速・大容量で分画精製



アミノ酸分析システム

型番:Shimadzu Prominence
農学部・共同獣医学部本館 339
管理者:執行 正義(農)


使用用途・注意事項
・アミノ酸の分析