TOP 装置一覧 各種マニュアル 設置場所・アクセス
低分子化合物分析装置  光学・蛍光顕微鏡  吸光・蛍光・発光系検出器  培養装置  核酸・タンパク質分析装置 
サンプル調製装置  フェノタイピング装置  RI管理区域内装置  機器分析実験施設内装置  理学部棟内装置 
〇核酸・タンパク質分析装置

等電点電気泳動システム

型番:Anatech IPG-IEF Type-PX
設置場所:システム生物学・RI分析施設 209
管理者:真野 純一(RI)


使用用途・注意事項
・タンパク質の等電点による分離




パワーサプライ

型番:Anatech Power supply PowerPhoreStar 3900
設置場所:システム生物学・RI分析施設 209
管理者:真野 純一(RI)


使用用途・注意事項
・等電点電気泳動に対応した高電圧出力が可能なパワーサプライ
 通常の電気泳動にもご利用いただけます。




DNAシークエンサー

型番:Sciex DNA sequencer GeXP
設置場所:システム生物学・RI分析施設 209
管理者:真野 純一(RI)


使用用途・注意事項
・DNAの塩基配列分析




シーケンサーデータ解析ワークステーション

型番:Qiagen CLC GenomicsWorkbench
設置場所:システム生物学・RI分析施設 209
管理者:真野 純一(RI)


使用用途・注意事項
・Illuminaなど超並列シーケンサから得られたデータを解析するためのコンピュータとソフトウェアです。




バイオアナライザ

型番:Agilent 2100
設置場所:農学部・共同獣医学部本館 402R
管理者:高坂 智之(農)


使用用途・注意事項
・マイクロ流路を用いたチップ型電気泳動装置
 DNA・RNA・タンパク質の分離分析が高速高感度で行えます。





TapeStation

型番:Agilent 4150
設置場所:農学部・共同獣医学部本館 339
管理者:執行 正義(農)


使用用途・注意事項
・マイクロ流路を用いたチップ型電気泳動装置
・バイオアナライザの後継機種です。
 DNA・RNAの分離分析が高速高感度で行えます。





サーマルサイクラー

型番:Sciex Thermal cycler Veriti200
設置場所:システム生物学・RI分析施設 205
管理者:真野 純一(RI)


使用用途・注意事項
・PCRによるDNAの増幅など
※使用に許可は必要ありません。使用方法が分からない・トラブルが起きたなどの際にはご連絡ください。





プリントグラフ

型番:ATTO Printgraph AE-6915
設置場所:総合研究棟 404
管理者:宮川 勇(理)
使用用途・注意事項
・DNA染色ゲルの撮影
※この装置は予約不要です。
本体横に設置してあるノートに使用ログを記入してください。
このログは後ほどPCシステムに移行する予定です。