TOP 装置一覧 設置場所・アクセス
低分子化合物分析装置  光学・蛍光顕微鏡  吸光・蛍光・発光系検出器  培養装置  核酸・タンパク質分析装置 
サンプル調製装置  フェノタイピング装置  RI管理区域内装置  機器分析実験施設内装置  理学部棟内装置 
〇サンプル調製装置

スピンカラム自動精製処理システム

型番:Qiagen Automated sample prep system QIAcube
設置場所:農学部・共同獣医学部本館 319
管理者:執行 正義(農)


使用用途・注意事項
・DNeasy・RNeasy等によるサンプルからのDNA・RNAの抽出を自動化




超遠心分離機

型番:Hitachi Ultracentrifuge CP70MX
設置場所:システム生物学・RI分析施設 209
管理者:真野 純一(RI)


・遠心機ローター
型番Type Max Speed Max Force Size
RP55T-352angle55000 rpm274000 x g12mL x 12
RPL42T-162angle42000 rpm223000 x g0.23mL x 72
RPS50-2-607swing45000 rpm300000 x g5mL x 6
P32ST-0108swing32000 rpm180000 x g40mL x 6
使用用途・注意事項
・溶液中の物質を沈殿と上清に遠心分離
・超高速で膜成分の分離、密度勾配の作製など





高速冷却遠心機

型番:CR21N
設置場所:システム生物学・RI分析施設 209
管理者:真野 純一(RI)


・遠心機ローター
型番Type Max Speed Max Force Size
RPR10-2-302angle10000 rpm500mL x 4
RPR12-2-1887angle12000 rpm30240 x g250mL x 4
R10A2-3angle10000 rpm16200 x g50mL x 12 + 15mL x 12
R4S-39-1458swing5000 rpm4 buckets (15mL x 8 or 50mL x 2 / bucket)
R20A2angle20000 rpm48000 x g50mL x 8
使用用途・注意事項
・溶液中の物質を沈殿と上清に遠心分離
※使用に許可は必要ありません。使用方法が分からない・トラブルが起きたなどの際にはご連絡ください。





遠心式濃縮システム

型番:Titech Vacuum evaporator VC-96N/VA-500F
設置場所:システム生物学・RI分析施設 206
管理者:真野 純一(RI)


使用用途・注意事項
・遠心エバポレーター
 マイクロチューブやガラス遠沈管のサンプルを回転しながら減圧乾固させる





低温恒温槽

型番:Titech Cold bath EL-8
設置場所:システム生物学・RI分析施設 206
管理者:真野 純一(RI)


使用用途・注意事項
・水を低温度に保つ
・マイクロチューブ等に入ったサンプルの低温でのインキュベーションに利用
※横に設置しているロータリーエバポレーターの冷却管につながっているので、使用の際はエバポレーターのユーザーと使用時間が重ならないようご注意願います。





超純水製造装置

型番:Advantech Ultrapure water system CPW101
設置場所:システム生物学・RI分析施設 209
管理者:真野 純一(RI)


使用用途・注意事項
・イオン交換水を水道水から作製
※使用に許可は必要ありません。使用方法が分からない・トラブルが起きたなどの際にはご連絡ください。
※この装置は予約不要です。本体横に置いてあるファイルに使用ログを記入してください。




純水製造装置

型番:Advantech Purewater system CPW200
設置場所:システム生物学・RI分析施設 209
管理者:真野 純一(RI)


使用用途・注意事項
・超純水をイオン交換水から作製
※使用に許可は必要ありません。使用方法が分からない・トラブルが起きたなどの際にはご連絡ください。
※この装置は予約不要です。本体横に置いてあるファイルに使用ログを記入してください。




高圧蒸気滅菌器

型番:Sakura Autoclave ASV-3022
設置場所:システム生物学・RI分析施設 206
管理者:真野 純一(RI)


使用用途・注意事項
・オートクレーブ
※使用に許可は必要ありません。使用方法が分からない・トラブルが起きたなどの際にはご連絡ください。





安全キャビネット #1

型番:Hitachi Biosafety cabinet #1 SCV-130
設置場所:システム生物学・RI分析施設 209
管理者:真野 純一(RI)


使用用途・注意事項
・クリーンベンチとして使用
※使用に許可は必要ありません。使用方法が分からない・トラブルが起きたなどの際にはご連絡ください。