山口大学大学院医学系研究科整形外科学 HOME
整形外科 教育・研修 業績紹介 患者の皆様へ
ご挨拶 沿革 スタッフ紹介 外来スケジュール 手術件数 整形外科Now 学会・研究会Now 同門会 大学院
         
ご挨拶
  Message      
         
       
  ご挨拶  
 
   
   ご挨拶
 
 
 
 
 

 当教室のホームページをご覧くださりありがとうございます。
 整形外科は、運動器の疾患を対象とする分野です。脊柱・脊髄、各関節、手、足といった器官を取り扱い、骨、軟骨、筋肉、靭帯、腱に加え、神経、血管、皮下組織などの組織がこれに含まれます。このように守備範囲が多岐にわたるため、運動器の病態は多様で疾患の種類も多く、変性疾患、炎症、腫瘍、循環障害など他の診療科でも見られる共通の病態による疾患と、運動器特有の病態による疾患があります。整形外科ではこれらの疾患・障害の診療を行い、病態の解明と治療法の開発に取り組んでいます。
 近年の高齢化により、変形性関節症や脊椎変性疾患が増加し、また骨粗鬆症を基盤とした脊椎圧迫骨折や大腿骨近位部骨折などの外傷、さらにレクリエーションに伴うスポーツ障害が増加し、整形外科のニーズはますます高まっています。治療の過程においては、生活の質quality of life (QOL)を高めるため、リハビリテーションとの連携もその重要性を増しております。交通事故や災害時における多発外傷に対しては救急診療科との連携も重要で、整形外科の担う役割はますます広がっています。
 大学病院は地域医療を支える中心的基幹病院であり、整形外科は運動器を扱う他の地域中核病院や診療所と密に連携し、すべての疾病へ高水準の医療提供が可能な医療圏を構築することが肝要であると考えます。また、整形外科だけでなく関連の高いリハビリテーション部、救急診療科などの診療部門、入院・外来医療を支える看護部門や医療技術者との連携も深め、総合的に質の高い医療提供を目指したいと考えております。
 研究面において医工連携は必須と考え、コンピュータ支援技術を利用した整形外科診療やバイオメカニクス研究を進めていきたいと考えています。また、脊椎外科における電気生理・再生医療・疼痛メカニズムの解明、特発性大腿骨頭壊死症を含めた整形外科疾患に対する病態解明と臨床研究を進め、将来性・発展性の高い研究課題の積極的な展開を進めていきたいと考えています。
 医学教育においては、卒前・卒後教育を通じ、安全で治療効果の高い医療を継続的に提供しうる資質と能力を有する臨床医を育成することが必須であります。患者さんや医療チームを構成する職員と的確なコミュニケーションを保ち、安全で安心される患者さん中心の医療を実践しうる良質な医療人養成が重要です。また未だ十分でない医療課題を見出し、より医療水準を向上させうる臨床・基礎研究に取り組む論理的思考を有する医学者を養成・輩出することも重要です。そうして、世界に意義と特徴ある研究成果を意欲的に発信し評価される若い世代の医師をより多く育成できることを希望しています。
 患者さんに対する尊厳を念頭に、「患者さんとっての最大の身体的・精神的利益の実現」を目標として、診療・研究・教育に取り組んでいきたいと考えています。

 
 

整形外科教授 坂井孝司 

 




   
   
   
 
山口大学大学院医学系研究科整形外科学