山口大学大学院医学系研究科整形外科学 HOME
整形外科 教育・研修 業績紹介 患者の皆様へ
教育・研修トップ 理念と目標 医学部臨床実習プログラム 初期臨床研修プログラム 研修医・学生の皆様へ 大学院 関連病院 大学院
         
大学院
  Graduate School      
         
       
  大学院  
  研修設備  
  スキルラボラトリー  
 
   
   整形外科スキルラボラトリー
 
 


目的 :研修医・学生の医療技術の習得・向上をめざす。
設備  
1.
手術用顕微鏡(TOPCON OPERATION MICROSCOPE OMS-250)
2.
関節鏡(Linvatec 8180A(Zimmer))
3.
筋肉・神経・血管解剖モデル
(身長138cm、45分解モデル)
4.
解剖DVD
     臨床に役立つ解剖学DVD
     モーション解剖学DVD
5.
整形外科手術DVD ライブラリー

 

 


内容
1.手術用顕微鏡
 顕微鏡操作は、誰でも訓練によって上達します。指導医のもと、顕微鏡下でのマイクロ器具の  

持ち方の練習からはじめます。持針器のハンドリングと、縫合針のコントロールが安定して行えるようになったところで、模擬血管を使った血管吻合の練習を行います。10-0という太さが0.020~0.029mmの非常に細いナイロン糸を用いて、内径0.7mmの擬似血管チューブの吻合が確実に行えるようになれば、基礎技術の習得完了です。

主な使用器具:マイクロ鑷子 KEISEI MF-05
持針器    AESCULAP FD240R
鋏      KEISEI MSS-15S
血管クランプ MIZUHO 生田式
擬似血管チューブ KEISEI MTC-1


 

 

2.関節鏡
膝関節鏡は、低侵襲でより正確な診断及び治療を可能にするものであり、整形外科医にとっては、臨床上非常に有用な器機である。半月板損傷、前十字靭帯損傷、関節内遊離体などは、ほとんど関節鏡視下に治療可能である。臨床の場で、関節鏡の長所を十分発揮するためには、基本手技に習熟して器機を注意深く取り扱うことが必要不可欠であり、そのためにスキルラボラトリーにおいて関節鏡技術の習得を行う。


3.筋肉・神経・血管解剖モデル、4.解剖DVD


筋肉・神経・血管モデルは、身長138cm、45分解モデルであり、実際に表層から深部へと分解していくことができ、手術アプローチを学習するには非常に有用な解剖モデルである。


解剖DVDは、臨床に役立つ解剖学DVDとモーション解剖学DVDの2分野をみることができる。臨床に役立つ解剖学DVDでは、メスとピンセットを使った解剖作業そのものが、
  ライブに近い形で見ることができ、四肢、躯幹の立体的理解が非所に容易になる。またモーション解剖学DVDでは、筋、腱、靭帯、関節包、神経の動きを鮮明に理解できるDVDであり、個々の器官の機能的側面を非常に理解しやすい。

 

5.整形外科手術DVD ライブラリー
  多くの手術DVDを見ることができます。教科書での学習も必要ですが、目で見ることにより、自分が執刀しているイメージを描くことができ、教科書の行間に潜む手術手技の工夫なども汲み取ることができる。
L4-L5、L5-S1 椎間板ヘルニアに対する鏡視下低侵襲手術
股関節鏡:適応、手技、成績
内反膝におけるアライメントと靭帯バランスの矯正
手根中央不安定症
椎間板ヘルニアの再発に対する腰椎前方除圧/固定術
Femoral Impaction Grafting: 背景、適応、手術手技
バンカート法:最適な手技
外反膝におけるアライメントと靭帯バランスの矯正
上手投げ投球のBiomechanicsと傷害
10
上腕骨外上顆炎の治療
11
関節鏡視下inside-out半月板縫合術
12
肩への一般的手術アプローチ
13
後方皮切を用いた肘関節拘縮解離術
14
人工股関節後の大腿骨骨折に対するImpaction Bone Graftingの適応-短期の結果と手術手技-
15
側弯症治療におけるin situ contour手技
16
鏡視下肩峰形成術と腱板修復術の手技-アニメーションおよび実際
17
TSRHペディクルスクリュースパイナルシステムを用いた3,4度脊椎すべり症の手術手技
18
二つの皮切を用いた上腕二頭筋腱断裂の修復法
19
膝関節線維症の手術的治療
20
小切開前方アプローチによる人工股関節置換術
21
整形外科手術における選択的展開:脊椎腰椎部への前方後腹膜腔進入法
22
鏡視下腱板修復術
23
骨盤骨折;創外固定法
24
最小侵襲人工膝関節置換術
25
手関節鏡 マスタークラス
26
整形外科手術における選択的展開:脊椎 
   →前側方進入開胸術
   →胸椎への後方進入法
   →胸椎後方進入法の実際

27
The Exeter Experience
28
上腕骨外側上顆炎の治療
29
脛骨外側プラトー骨折に対するインストゥルメント誘導による整復術
30
上腕骨近位端骨折に対する人工骨頭置換術
31
整形外科手術における選択的展開:脊椎→腰椎への後方進入法
   →腰椎椎体間後方固定術
   →経椎間孔腰椎椎体間固定術
   →横突起間進入法
32
棘上筋腱の関節面傷害「STAS」
33
内側膝蓋大腿靭帯再建術
34
関節唇損傷に対する鏡視下デブリドマン
35
橈骨遠位端骨折のX線像評価

 

 

   
   
   
 
山口大学大学院医学系研究科整形外科学