山口大学大学院医学系研究科整形外科学 HOME
整形外科 教育・研修 業績紹介 患者の皆様へ
教育・研修トップ 理念と目標 医学部臨床実習プログラム 初期臨床研修プログラム 研修医・学生の皆様へ 大学院 関連病院 大学院
         
初期臨床研修
プログラム
  Training Program      
         
       
  初期臨床研修プログラム  
  研修設備  
  スキルラボラトリー  
  整形外科研修コース講義  
 
   
   初期臨床研修プログラム
 
 
Ⅰ.基本方針  
 運動器疾患に対するプライマリケアに必要な知識と技術を習得し、運動器におけるcommon diseaseやcommon injuryに対する基本的診療能力を身につける。

Ⅱ.プログラムの指導者  
 山口大学大学院医学系研究科整形外科学
  主任 坂井 孝司 教授  日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
日本リハビリテーション医学会専門医・指導医
  担当 小笠 博義 准教授 日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
        徳重 厚典 講師  日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会指導医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本リウマチ学会専門医
日本体育協会公認スポーツドクター
           



 
Ⅲ.教育内容  
①基本研修分野と選択研修分野とからなる。
②基本研修分野は、全研修期間を通じて研修する。
③選択的研修分野については、研修期間により3つのコースがある

  1.基本研修分野  
 

①整形外科診断学
②整形外科保存的治療学
③リハビリテーション医学
④スポーツ医学
⑤関節リウマチ、代謝性疾患

  2.選択研修分野  
   外科的治療を、または入院を要する保存的治療や各種の検査手技について下記分野別に研修する
脊椎・脊髄、外傷・救急
下肢(股関節・膝関節)
上肢(肩・肘・手)
腫瘍

  3カ月コース:

上記4分野を3週間ずつ研修

  4ヶ月コース:

上記4分野を3週間ずつ研修

  7カ月コース:

上記4分野を1ヵ月半ずつ研修

  10カ月コース:

上記4分野を2ヵ月半ずつ研修

     
  1)整形外科推奨初期臨床プログラム

1年目 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

整形外科

3ヵ月

    (山口大学)

整形外科
(選択必修科)
1ヵ月
(山大・協病)

救急部門

2ヵ月+年間当直

(山口大学又は協力病院)

内科

6ヵ月

(山口大学 又は 協力病院)
救 急 部 門 当 直

 

2年目 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

選択必修科
1ヵ月
(山大・協病)

地域医療
1ヵ月
(協病・協施)

整形外科

10ヵ月

(山口大学[6ヵ月以上] 又は 協力病院[3ヵ月以内])

救 急 部 門 当 直

1年目の4カ月で①脊椎・外傷、②上肢、③下肢、④腫瘍の各班を1ヵ月ずつローテーションして研修します。

  2年目の10ヵ月では協力病院として小郡第1総合病院整形外科研修が可能であり、2年目の10ヵ月の研修期間には、臨床的テーマでの論
  文作成についての指導も行う。
   
       
  2)整形外科プライマリケア初期臨床プログラム                                                                  
 

 

 
1年目 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

整形外科

3ヵ月

     (山口大学)

整形外科
(選択必修科)
1ヵ月
(山大・協病)

救急部門

2ヵ月+年間当直

(山口大学又は協力病院)

内科

6ヵ月

(山口大学 又は 協力病院)
救 急 部 門 当 直

 

2年目 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

選択必修科
1ヵ月
(山大・協病)

地域医療 1ヵ月
(協病・協施)

内科

3ヵ月

麻酔科

3ヵ月

整形外科

4ヵ月

救 急 部 門 当 直

整形外科1年目の4カ月、2年目の4カ月は、①脊椎・外傷、②上肢、③下肢、④腫瘍の各班を1ヵ月ずつローテーションして研修します。
2年目は整形外科以外に、麻酔科では、全身管理と気管内挿管、内科では総合診療部あるいは1年目の内科研修によりなお一層プライマリケアに必要と思われたところで再度研修する。

   
   
  3)地域密着型整形外科初期臨床プログラム                                                                  
 

 

 
1年目 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

整形外科

3ヵ月

     (山口大学)

整形外科(選択必修科)
1ヵ月
(山大・協病)

救急部門

2ヵ月+年間当直

(山口大学又は協力病院)

内科

6ヵ月

(山口大学 又は 協力病院)
救 急 部 門 当 直

 

2年目 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

選択必修科
1ヵ月
(山大・協病)

地域医療 1ヵ月
(協病・協施)

麻酔科

3ヵ月


整形外科

7ヵ月

救 急 部 門 当 直

地域密着型の整形外科医を目指す、初期臨床プログラムです。整形外科1年目の4カ月は、①脊椎・外傷、②上肢、③下肢、④腫瘍の各班を1ヵ月ずつローテーションして研修します。2年目の選択には、麻酔科の研修を加えて、地域における主幹中小規模の病院においても整形外科医として、十分に手術的治療ができるだけの基礎的臨床能力が得られる研修プログラムである。また2年目の協力病院として小郡第1総合病院整形外科で研修が可能である。

   
 
山口大学大学院医学系研究科整形外科学