山口大学大学院医学系研究科整形外科学 HOME
整形外科 教育・研修 業績紹介 患者の皆様へ
教育・研修トップ 理念と目標 医学部臨床実習プログラム 初期臨床研修プログラム 研修医・学生の皆様へ 大学院 関連病院 大学院
         
後期臨床研修
  プログラム
  Training Program      
         
       
  後期臨床研修プログラム  
  研修設備  
  スキルラボラトリー  
  整形外科研修コース講義  
 
   
   後期臨床研修プログラム
 
 

 

Ⅰ.基本方針  
 初期臨床研修課程修了後、整形外科疾患の専門医の養成のために、臨床経験を提供し、日本整形外科学会専門医の資格を取得することを目的とする。山口大学医学部附属病院での研修に加えて、教育関連病院における研修を行い、実地に即した臨床研修ができるよう考慮する。

Ⅱ.プログラムの指導者と参加協力施設
 ①プログラム指導者
     山口大学大学院医学系研究科整形外科学
 
主任 坂井 孝司 教授

日本整形外科学会専門医 
日本整形外科学会認定スポーツ医 
日本整形外科学会認定リウマチ医  
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
日本リハビリテーション医学会専門医・指導医 

 
担当 小笠 博義 准教授 

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会認定スポーツ医

日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医

 
徳重 厚典 講師 

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会指導医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本リウマチ学会専門医
日本体育協会公認スポーツドクター

 
 

 
 
 
 
 

②基幹施設:山口大学医学部附属病院(整形外科)
③参加協力施設
山口県:
岩国市医療センター医師会病院、宇部記念病院、宇部興産中央病院、小郡第一総合病院、尾中病院、国立病院機構関門医療センター、済生会下関総合病院、済生会山口総合病院、山陽小野田市立小野田市民病院、下関厚生病院、周東総合病院、周南記念病院、周南市立新南陽市民病院、周防大島町立東和病院、セントヒル病院、鼓ヶ浦こども医療福祉センター、徳山中央病院、長門総合病院、萩市民病院、光市立光総合病院、光市立大和総合病院、山口県立総合医療センター、山口労災病院、都志見病院
愛媛県:
愛媛労災病院
島根県:
島根県立中央病院、玉造厚生年金病院、益田地域医療センター医師会病院
   
Ⅲ.教育課程  

  期間は原則初期臨床研修課程(2年間)修了後の4年間とする。この期間は日本整形外科学会専門医制度で規定された研修プログラムによる4年間の研修期間に相当する。

Ⅳ.教育内容
 
1年目
2年目
3年目
4年目
山口大学附属病院
地域主幹病院
地域連携病院
山口大学附属病院
山口大学附属病院
地域連携病院
地域主幹病院
山口大学附属病院

① 1年目(大学病院における研修)
  山口大学医学部附属病院で研修を行い、整形外科疾患の診断法、治療法の基本を修得する。
     外来研修
    指導医が行う整形外科一般の初診外来および再診外来において、その診察法、治 療法などを学ぶ。
     病棟研修
   担当医として入院患者を担当し、指導医のもと診察法、処置、術前術後管理を習得する。また担当患者および所属臨床班患者の手術に助手として立ち会う。
② 2~3年目(教育関連病院における研修)
   2年目に地域主幹病院で研修すると3年目は原則として地域連携病院で研修する。また2年目に地域連携病院で研修すると3年目は原則として地域主幹病院で研修する。
   教育関連病院の整形外科部長ないし医長のもとに研修を行う。
  地域連携病院では一般整形外科医として外来・病棟診療、各手検査手技、手術手技について学ぶ。外来研修では、自らが初診外来および再診外来を担当し、病棟研修では指導医のもとで整形外科の一般的な手術の執刀を行う。
地域基幹病院では、さらに指導医の専門的な手術の助手を行い、その手術技術も習得する。
③ 4年目(大学病院における研修)
   山口大学医学部附属病院で研修を行い、各臨床班(脊椎、上肢、下肢、腫瘍)の専門医のもとで学んできた知識および技術の総括を行う。また専門医とともに研修1年目医師の指導を行う。
Ⅴ.研究活動
   学位テーマは、希望により適宜臨床研究テーマが授与され、臨床研究を行うことができる。学位取得の資格は、大学での研修医・医員の大学在籍期間と医学研究生の期間の合計が6年以上であること。また、年2回実施される大学院の語学試験に合格していることがあることが必要条件である。(学位取得資格の詳細は、山口大学大医学部学務課大学院教務係へ℡0836-22-2058)
Ⅵ.学会、研究会など
   日本整形外科学会に所属し、同学会専門医資格の取得に必要な研修を行う。また、各種専門学会、研究会に参加することにより専門知識の取得に努め、さらに自らも研究の発表を逐次行う。
Ⅷ.評価方法など
  ① 評価方法 
   教室スタッフより研修評価表に基づき評価を受ける。教育関連病院では整形外科部長または医長が評価を行い、各病院の研修医担当責任者が教室研修責任者に報告する。 
  ② プログラムの修了の認定 
   後期研修プログラム開始後4年を経過した時点で上記の評価をもとに後期研修プログラム修了の認定を行う。
Ⅷ. 後期研修プログラム修了後のコース
   原則として引き続き山口大学大学院医学系研究科整形外科学医員として、大学病院または教育関連病院での診療・研修を続ける一方、指導医として後輩の指導にあたる。
Ⅸ.その他
 山口大学大学院医学系研究科整形外科学後期臨床研修プログラムに関する詳細は、プログラム担当責任者に問いあわせください(℡0836-22-2268,Email:y-ortho@yamaguchi-u.ac.jp)。

 

 

   
   
   
 
山口大学大学院医学系研究科整形外科学