Our Goal

ほ乳類のサイズセンシングメカニズム
How to determine " the targeted size "  in mammal  by size-sensing mechanism?  
”サイズを知る”
 
世の中全てのものはサイズがあります。
これらのサイズはどのように決まったのでしょうか?
またそのサイズは適正なのでしょうか?

われわれほ乳類は固有のサイズがあります。
 ● サイズはどのような仕組みで維持されているのでしょうか?
     サイズを探知する仕組みが存在し、サイズをある一定の範囲に収めていると考えられます。
 ● 動物個体のサイズは自由に操作できるのでしょうか?

   

左:アフリカチビネズミ (Mus minutioides)  右:実験用マウス (Mus musculus)
"size"の語 源:Old French
'sise' , an ordinance to fix the amount of a payment or tax  
          

共同研究募集Collaboration

テーマ:「倍数体」「大きさ」
ご興味がある方はお気軽にこちらへ!

新着情報News

  • 2021.09:Zygoteに論文が受理されました。NEW!
  • 2021.6:山口大学おもしろプロジェクト'21(代表:松屋)が採択されました。NEW!
  • 2021.5:J Vet Med Sciに論文が受理されました(筆頭著者:松屋)。NEW!
  • 2021.5:令和3年度 農研機構 生物系特定産業技術研究支援センターイノベーション創出強化研究推進事業に採択されました。NEW!
  • 2021.4:令和3年度もよろしくお願いします。
  • 2020.12:3年生が入室しました。
  • 2020.12:当研究室ホームページをリニューアルいたしました。
  • 2020.01:今井博士が山口大学共同獣医学部獣医解剖学研究室テニュアトラック 助教に就任しました。
  • 2020.01:Zygoteに論文が受理されました。
  • 2020.01:2020年もよろしくお願いいたします。
  • 2019.12:新たに3年生が入室しました。
  • 2019.12: Biochem Biophys Res Commに論文が受理されました。
ページトップへ戻る
Design by Megapx / Template by s-hoshino.com

〒753-8515 山口市吉田1677-1 山口大学共同獣医学部

Copyright(C) Kiyoshi Kano All Rights Reserved.