Laboratoy of Veterinary Developmental Genetics, Yamaguchi University

動物のサイズ制御機構の分子メカニズムの解明と応用

How to determine " the targeted size "  in mammal?

われわれ動物はそれぞれ固有のサイズがあります。
○ サイズはどのような仕組みで維持されているのでしょうか?
● 動物のサイズは自由に操作できるのでしょうか?

「サイズを知る」
世の中全てのものはサイズがあります。
これらのサイズはどのように決まったのでしょうか?
またそのサイズは適正なのでしょうか?





"size"の語源:Old French 'sise' , an ordinance to fix the amount of a payment or tax

NEWS

2019.5 令和もよろしくお願いいたします。
2019.1 2019年もよろしくお願いいたします。
2018.12 日本実験動物医学専門医協会より実験動物医学専門医の認定を受けました(加納)。
2018.11 卒業論文発表会にて発表を行いました(田中)。

2018.11 新たに3年生が入室しました。
2018.9 第161回日本獣医学会学術集会 (つくば)において研究発表を行いました(田中)。
2018.8 当研究室の論文がPlant Cell誌の論文に引用されました。
2018.7 J Vet Med Sci に論文が受理されました。
2018.7 Reprod Fertility Dev に論文が受理されました。
2018.4 平成30年度より獣医発生学研究室が正式に発足しました。
2018.4 今井君が九州大学大学院医学研究院助教に就任しました。
2018.3 今井君がで博士学位を取得(1年短縮)しました。
      また研究科長賞表彰を受けました。
2017.12 第40回日本分子生物学会年会(神戸)において研究発表を行いました(今井)。
2017.12 新たに3年生2名がグループに加わりました。
2017.9 第160回日本獣医学会学術集会(鹿児島)において研究発表を行いました(今井)。
2017.1 平成29年もよろしくお願いいたします。
2016.12 J Reprod Devに論文が掲載されました。
2016.12 新たに3年生1名がグループに加わりました。
2016.12 第39回日本分子生物学会年会(横浜)において研究発表を行いました(今井)。
2016.9 第159回日本獣医学会学術集会(藤沢)において研究発表を行いました(今井)。
2016.9 ホームページリニューアルしました。
2016.4 平成28年度もよろしくお願いいたします。
2016.1 新たに3年生1名がグループに加わりました。
2015.12 第38回日本分子生物学会年会(神戸)において研究発表を行いました(今井)。
2015.10 日本解剖学会第70回中国・四国支部学術集会で研究発表を行いました(今井・安達・小杉)。
2015.6 PLoS ONEに論文が掲載されました。
2015.4 平成27年度もよろしくお願いします。
2015.2 第5回アジア獣医解剖学会学術集会(バリ)において研究発表を行いました(安達・小杉)。
2014.12 新たに3年生1名がグループに加わりました。
2014.11 第37回日本分子生物学会年会(横浜)において研究発表を行いました(今井)。
2014.10 第49回獣医学セミナーで研究発表を行いました(加納)。
2014.8 第107回日本繁殖生物学会大会(帯広)において研究発表を行いました(今井)。
2014.5 第12回幹細胞シンポジウム(九大医学部)において研究発表を行いました(今井)。
2014.1 本年もよろしくお願いいたします。
2013.12 第27回時間学研究所セミナーにおいて研究発表を行いました(加納)。
2013.12 第36回日本分子生物学会年会(神戸)において研究発表を行いました(今井)。
2013.9 Mouse Molecular Genetics(Wellcome Trust Genome Campus, 英国ケンブリッジ)において研究発表を行いました(今井)。
2013.8 山口大学時間学研究所第2研究グループに加わりました。
2012.12 新たに3年生2人がグループに加わりました。
2012.12.11 第35回日本分子生物学会年会にてポスター発表を行いました(加納)。
2012.10.21 日本解剖学会第67回中国・四国部会学術集会に参加・口演を行いました(加納)。
2012.10.1 発生学分野Web Siteを開設しました。