PUBLICATIONS(一部) 


Imai H, Fujii W, Kusakabe KT, Kiso Y, E Ono, Kano K
Paraffin-embedded vertical sections of mouse embryonic stem cells.
J Vet Med Sci (in press)

Imai H, Fujii W, Kusakabe KT, Kiso Y, Kano K
Aggregation recovers developmental plasticity in mouse polyploid embryos.
Reprod Fertility Dev (in press)
マウス胚盤胞の正常な形成は胚全体の細胞数が重要であることを明らかにしました。

Imai H, Fujii W, Kusakabe KT, Kiso Y, Kano K
Effects of whole genome duplication on cell size and gene expression in mouse embryonic stem cells.
J Reprod Dev 62: 571-576 (2016)
ゲノム倍加による哺乳類細胞の動態をマウス4倍体ES細胞を用いて明らかにしました。

Kano K, Kusakabe KT, Kiso Y.
DDR mouse models. In: Fridman R and Huang P (ed) Discoidin Domain Receptors in Health and Disease. Springer, New York (2016) リンク
DDRの病態モデルマウスについてまとめました。

Imai H, Kano K, Fujii W, Takasawa K, Wakitani S, Hiyama M, Nishino K, Kusakabe KT, Kiso Y.
Tetraploid embryonic stem cells maintain pluripotency and differentiation potency into three germ layers.
PLoS ONE 10 (6): e0130585 (2015) リンク
4倍体ES細胞の樹立を行い、2倍体ES細胞とほぼ同じような性質を持つことを明らかにしました。

Kawai I, Matsumura H, Fujii W, Kusakabe K, Naito K, Kano K.
Discoidin Domain Receptor 2 (DDR2) regulates body size and fat metabolism in mice.
Transgenic Res 23: 165-175 (2014)
ボディサイズと脂肪代謝におけるDDR2の新たな機能を見出しました。

Fujii W, Kano K, Sugiura K, Naito K.
Repeatable Construction Method for Engineered Zinc Finger Nuclease Based on Overlap Extension PCR and TA-cloning.
PLoS ONE 8(3): e59801 (2013)
Zinc Finger Nuclease (ZFN) の簡便な作製法 (OLTA法) を確立し、1ヶ月程度でのKOマウスの作製が可能となりました。

Hisaki T, Naito K, Suigura K, Kano K.
Regulation of embryonic size in early mouse development in vitro culture system.
Zygote 22: 340-347 (2013)
体外培養下においてマウス胚は自律的なサイズ制御機構を持つ可能性を示しました。

Kawai I, Hisaki T, Sugiura K, Naito K, Kano K.
Discoidin Domain Receptor 2 (DDR2) regulates proliferation of endochondral cells in mice.
Biochem Biophys Res Comm 427: 611-617 (2012)
軟骨細胞におけるDDR2の新たな機能を明らかにしました。

Kano K.
Brenner's Encyclopedia of Genetics, Second Edition (Amazon.co.jp)
Ms no. 455: dwarfism, in mouse
シドニーブレナー遺伝学辞典の作成に参加しました。

Kano K, Kitamura A, Matsuwaki T, Morimatsu M, Naito K.
Discoidin Domain Receptor 2 (DDR2) is required for maintenance of spermatogenesis in male mice.
Mol Reprod Dev 77: 29-37 (2010)
DDR2がオスの生殖機能に重要な機能を持つことを見出しました。当該号表紙の図表に採用されました。

Kawaguchi J, Kano K, Naito K.
Expression Profiling of Tetraploid Mouse Embryos in the Developmental Stages Using a cDNA Microarray Analysis.
J Reprod Dev 55: 670-675 (2009)
マウス4倍体初期胚における遺伝子発現の特徴を明らかにしました。

Matsumura H, Kano K, Evsikova CM, Young J, Nishina P, Naggert J, Naito K.
Multiple dysregulated hormone and anti-apoptosis pathways underlie infertility in mice with a loss-of-function allele for the collagen receptor gene, Ddr2.
Physiol Gemomics 39: 120-129 (2009)
DDR2がメスの生殖機能において新たな役割を持つことを見出しました。

Lee B, Kano K, Young J, John S, Nishina P, Naggert J, Naito K.
A novel ENU-induced mutation, peewee, causes dwarfism in the mouse.
Mamm Genome 20: 404-413 (2009)
矮小変異マウスpeeweeの原因遺伝子の探索を行いました。
peeweeマウスのかわいい写真が当該号の表紙を飾りました。

Kano K, Evsikova CM, Young J, Wnek C, Madatu T, Nishina P, Naggert J.
A Novel Dwarfism with Gonadal Dysfunction Due to Loss-of-Function Allele of the Collagen Receptor Gene, Ddr2, in the Mouse.
Mol Endocrinol 22: 1866-1880 (2008)
小さな変異マウスSmallieの原因遺伝子がコラーゲンレセプターであるDDR2 (Discoidin domain receptor 2)であることを解明しました。また、生殖機能と大きな関連があることが明らかになりました。

加納 聖, Nishina P, Naggert J, 内藤邦彦, 東條英昭.
ミュータントマウスを用いた動物の大きさを決定する因子の探求.
動物遺伝育種研究 34: 57-64 (2006)

Ishiguro N, Kano K, Yamamoto Y, Taniguchi K.
Characteristics of Tetrraproid/diploid Aggregation Chimeric Embryo Derived from EGFP Transgenic Mouse Embryo.
J Reprod Dev 51: 567-572 (2005)

Kano K, Kurohmaru M, Hayashi Y, Taniguchi K.
Effects of short photoperiod on the expression of Smad2 and Smad3 mRNA in Syrian hamster testis.
J Vet Med Sci 63: 25-30 (2001)

Kano K, Tojo H, Tanaka S, Yamanouchi K, Soeta C, Ishii S, Tachi C.
Skeletal Muscles of Transgenic Mice Expressing Human snoN, a Homologue of c-ski.
J Reprod Dev 44: 253-260 (1998)
骨格筋の発達に関与するc-ski遺伝子の類似遺伝子snoNのトランスジェニックマウスの作出・解析を行いました。

Kano K, Notani A, Nam SY, Fujisawa M, Kurohmaru M, Hayashi Y.
Cloning and studies on expression of the mouse cDNA encoding Smad3.
J Vet Med Sci 61: 213-219 (1999)
線虫のボディサイズに関与するsml遺伝子のマウスにおける類似遺伝子、Smad遺伝子のクローニングを行い、GeneBankに登録しました。